So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2017年02月 |2017年03月 ブログトップ

ぺんつくタイ タブ型をつくる(2) [作製の様子]

菱目打ち(1本目)が届きました。

丸錐を使って型紙から革に形をとり、切り抜きます。
角カンにはめてボンドで両側を合わせて貼り付け、仮止めします。
ブログ_2ボンド仮止め.jpg

なるべく均等な幅になるように穴を開ける位置を決め、目打ちの先で印をつけます。
ブログ_3目打ち位置決め.jpg

菱目打の上左の切開辺が革のカットラインに平行になるように穴を開けていきます。
ブログ_4目打ちの仕方2.jpg

ある程度革を縫い合わせ、強力なマグネットを入れてから、最後まで縫います。
ブログ_5マグネット挿入.jpg

糸を切り、ライターの火であぶって留めます。
ブログ_6縫い終わり1.jpg
ブログ_7縫い終わり2.jpg

余分な革をカットして形を整え、トコノールを付けて磨きます。
ブログ_8タブ型出来上がり.jpg

ぺんつくタイ タブ型のマグネット部分の出来上がりです。





ぺんつくタイ タブ型を作る [作製の様子]

マグネット部分の革の型紙は、もちろん自分で作ります。
使用するマグネットを紙の上において、マグネットの厚みと縫い代を考え、(こんな感じかなー)と描いていきます。形を切り取り、牛乳パックでしっかりした型紙を作ります。

ブログ_ぺんつくタイ_タブ黒_型紙.jpg

マグネットとバンドをつなぐプラスチック角カンをはめた後、縫うための穴をあけていきます。
穴を開ける作業には、いつもは菱目打2本目(下左)をつかうのですが、タブ型はサイズが小さく、2本目では上手に円を描いて穴をあけることができませんでした。なので、菱ギリ(下右)を使ってあけました。

ブログ_菱ぎりと目打ち.jpg

ブログ_タブ赤に穴を開ける.jpg

調子こいてガンガン穴をあけていたのですが、あるときグニャッとへんな感覚が・・・。
菱ギリの根元から曲がっていました(@_@;)

菱ギリの使い方、間違っていたのでしょうか? 
このあと、菱目ギリより丈夫そうな菱目打(1本目)を買いました。


タグ:マグネット

マグネット部分を作る [作製の様子]

マグネット部分は革で包んでいます。その理由は以下によるものです。

・小児が誤飲しにくくするため
・マグネットをくっつける部分を傷つけないため
・強力なネオジム磁石を使用しているので、外せなくなるおそれがあるため
デザイン性を高めるため


「磁石のまわりにクッション性を持たせたい」と思い素材を考えました。

案1:マグネットの周りを綿と布でくるむ
新たな投資はほぼ必要ありませんでしたが、実際にやってみると綿が片寄って安定せず、細かい作業が大変でした。

案2:革の中に収める
レザークラフトなんかやったことなかったのですが、筆記具を冷蔵庫に保持させる道具をどうしても作りたいと思い、手縫いの道具セットを買いました。8000円くらいしたかな。それと本(はじめてのレザークラフト)。

案2:樹脂で包む。
レジンの中に収められるかな?と考えましたが、レジンの本を見るとなんだか大変そう・・・。

手作りで磁石にクッション性を持たせる素材、私の中では革がベストの素材です。



はじめてのレザークラフト

はじめてのレザークラフト




ぺんつくタイ タブ黒 [ぺんつくタイ]

最初に作ったぺんつくタイは葉をイメージして作りました。これをペンに巻きつけると、ペンが小枝のようになって、私は好きです。ただ気になることもありました。
マグネット部分が大きいかな?と・・・。

ということで、より実用性を考えて、マグネット部分が小さめのぺんつくタイを作ってみました。
他の色でも作りたいと思ってます。

ブログ_ぺんつくタイ_タブ黒.jpg

ミンネで展示しています。
https://minne.com/items/8247719
ハンズギャラリーマーケットでも展示する予定です。





ぺんつくタイ [ぺんつくタイ]

ぺんつくは、マグネット部分とペンをホールドする部分とパーツが分かれています。なので、ペンをくっつけるには、マグネットのある場所になります。

適当な場所(スチール)にペンをくっつけたいときは、「ぺんつくタイ」です。革の中にマグネットを収め、それをバンドに取り付けています。写真は葉をイメージして作ったものです。

ブログ_ぺんつくタイ_グリーンリーフ.jpg





ぺんつくの紹介 [ぺんつく]

「冷蔵庫に補充したいものがあってメモを取りたいけど、ペンがない!」
「冷蔵庫にBOXを付けてペンを入れてるけど、ちょっと邪魔だし開閉のたびに『カラカラ』と音がする…」
宅配業者さんに受取のサインをするとき、いつもペンを出してもらって申し訳ない…」

こんなことって、ありませんか?

「ぺんつく」は鉛筆やボールペン・マーカーなどの棒状文具を、冷蔵庫やホワイトボードといった磁石のくっつくところに保持するツールです。「ぺんつく」を使えば、ペンをさっと取り外し、使用後はピタッとスタンバイ。
とっても便利です(^-^)

これから、いろんなデザインのぺんつくを作り、ブログとともに成長していけたらなと思います。
どうぞよろしくお願いします。

ブログ_ぺんつくCA1例えんぴつ.jpg




-|2017年02月 |2017年03月 ブログトップ