So-net無料ブログ作成
検索選択

クロワッサン、メロンパン、シナモンロール、シュガーツイスト。 [作製の様子(オーブン粘土)]

今までフィモを使ってDカンの飾りを作ったときは、指先に力を込めて練って練って練って・・・、ボロボロとした状態のフィモを柔らかくしていました。指先が痛くなり大変な作業です。

前回、フィモの飾りを形成し110℃のオーブンで20分間ほど焼成していたときのこと。材料や道具の片づけを終え、「フィモで作るフェイクストーンアクセサリー」という本をパラパラとながめていたとき、衝撃の記述を発見!!

「フィモを細くカットし、ドライヤーや白熱灯、使い捨てカイロ等を利用し、40~50℃くらいに温める。」

!!!
その後、フィモが暖かいうちに手で丸めてなじませる、ローラーで伸ばしてたたむを繰り返す。ひび割れが起きないような状態にする『コンディショニング』という作業だそうです。

私、ドライヤーや白熱灯でフィモを温める過程を、指先だけでやってました・・・。
そりゃ、フィモ、柔らかくなりません・・・。

と、いうことで、今回は使い捨てカイロを使ってフィモを柔らかくし、パン4種を作ってみました。
BL_1pan4syu.jpg

メロンパンシュガーツイストには、砂糖(タミヤのトッピングの達人)がまぶしてあるのですが、レジンでコーティングするとなんだかわからなくなります。でも、コーティングしないと、砂糖の粒がポロポロ取れちゃう。ニスのほうがいいのかな?
試行錯誤の連続です。
(レジンコーティング前のメロンパン↓)
BL_2メロンパンコート前.jpg




フィモクラシックで作るフェイクストーンアクセサリー (Heart Warming Life Series)

フィモクラシックで作るフェイクストーンアクセサリー (Heart Warming Life Series)

  • 作者: 田尻 鏡香
  • 出版社/メーカー: 日本ヴォーグ社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: ムック



タグ:パン フィモ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: