So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

バンド部分を作る [作製の様子]

(冷蔵庫にペンをくっつけたい・・・。)
(スチール部分に鉛筆をくっつけたい・・・。)

なんとなく、十年以上思いつづけました。
媒体として磁石を使うのは前提で、その磁石とペンをどうやってくっつけておくかが課題です。課題を解決してくれそうなものを100均で買い集めました。

目玉クリップ
ゼムクリップ
ワイヤー入りビニール紐

「スチール製の目玉クリップにペンを挟んで、媒体の磁石にくっつければいいじゃん!」
これで、当初の「スチール部分にペンをくっつける」という課題はクリアです。
が、無料で相談にのっていただいた弁理士さんに一喝されました。
「磁石に磁性体がくっつく。そんなのは当然のことで、新規性も進歩性もない!」

私の課題はクリアされたのですが、(この課題で特許を取りたい。)と燃えてきました。
ベビーカーを押して散歩しながら頭の中ではペンを保持するシミュレーションをしていました。
面ファスナーは巻いても滑って抜け落ちるので、ここにすべり止めをプラスしようと考えました。

家にあった面ファスナーを5㎜幅で斜めにカットしていき、そこに切った輪ゴムを配置して固定する。
/面ファスナー/輪ゴム/面ファスナー/輪ゴム/面ファスナー/輪ゴム・・・・
5回くらい繰り返すと・・・「やってられんわー!」
この作業をあきらめたと同時に、(接着剤ぬっちゃえー)と思いつきました。
ついでに、くるっと巻いて止められる面ファスナーってないのかなと探したら、コードをまとめるための両面がくっつく面ファスナーを発見!

両面くっつく面ファスナーに接着剤を塗って硬化させ、そこにスチール製のDカンを通しました。
これをペンにくるっと巻きつけると・・・、滑りません!!
さらにDカンを冷蔵庫にくっつけている磁石にくっつけると・・・、
「・・・・・・付いた。」
ペンを冷蔵庫に保持することができました。地味だけど、大きな感動でした。

前置きが長くなりました・・・。
ぺんつくのバンド部分の作成の様子です。
(※ここではレザークラフトの道具を使って作っていますが、普通の裁縫道具を使ってもできないことはありません。)

表裏がくっつく面ファスナーを必要な長さ用意する(本体)。
同じ面ファスナーで、Dカンをはめるパーツを作り、本体のフック面に配置する。
このとき、パーツのループ面を本体のフック面にくっつける。
菱目打ちで穴を開ける。
BL_1バンドに目打ち.jpg

ロウ引きしてある糸は扱いてロウを取り除く。
BL_2糸を扱く.jpg

目打ちで開けた穴に糸を通して縫っていく。
BL_3バンドを縫う1.jpg
BL_4バンドを縫う2.jpg
BL_5バンドを縫う3.jpg
BL_6バンドを縫う4.jpg
BL_7バンドを縫う5.jpg

縫い終わったら糸を切ってライターの火であぶって留める。
BL_8糸を切る.jpg
BL_9糸を留める.jpg

Dカンをはめる。
BL_10Dカンをはめる.jpg

ペンを巻やすいようにカーブを作るように本体とパーツを合わせ、目打ちで穴を開ける。
BL_11バンドに目打ち.jpg

先ほどと同様に縫う。
BL_12縫いあがり.jpg

フック面に接着剤(硬化後弾性を示すもの)を塗布する。
BL_13樹脂を付着.jpg
(私はセメダインのスーパーXを使用していますが、メーカーはこのような使い方は想定していないのではないかと思います。その辺はご了承ください。また、接着剤意外に良い素材があれば、是非教えてください。)

爪楊枝で接着剤をならし、24時間かけて硬化させます。
BL_14樹脂を均す.jpg
BL_15硬化.jpg

ぺんつくのバンド部分の出来上がりです。

ピンク・黄・茶のぺんつく [ぺんつく]

ピンクと黄色、茶色のぺんつくをつくりました。
BL_黄ピンク茶.jpg

ミンネにアップしました。
https://minne.com/items/9860495
(ぺんつくピンクDカン)
タグ: ピンク

クロワッサン、メロンパン、シナモンロール、シュガーツイスト。 [作製の様子(オーブン粘土)]

今までフィモを使ってDカンの飾りを作ったときは、指先に力を込めて練って練って練って・・・、ボロボロとした状態のフィモを柔らかくしていました。指先が痛くなり大変な作業です。

前回、フィモの飾りを形成し110℃のオーブンで20分間ほど焼成していたときのこと。材料や道具の片づけを終え、「フィモで作るフェイクストーンアクセサリー」という本をパラパラとながめていたとき、衝撃の記述を発見!!

「フィモを細くカットし、ドライヤーや白熱灯、使い捨てカイロ等を利用し、40~50℃くらいに温める。」

!!!
その後、フィモが暖かいうちに手で丸めてなじませる、ローラーで伸ばしてたたむを繰り返す。ひび割れが起きないような状態にする『コンディショニング』という作業だそうです。

私、ドライヤーや白熱灯でフィモを温める過程を、指先だけでやってました・・・。
そりゃ、フィモ、柔らかくなりません・・・。

と、いうことで、今回は使い捨てカイロを使ってフィモを柔らかくし、パン4種を作ってみました。
BL_1pan4syu.jpg

メロンパンとシュガーツイストには、砂糖(タミヤのトッピングの達人)がまぶしてあるのですが、レジンでコーティングするとなんだかわからなくなります。でも、コーティングしないと、砂糖の粒がポロポロ取れちゃう。ニスのほうがいいのかな?
試行錯誤の連続です。
(レジンコーティング前のメロンパン↓)
BL_2メロンパンコート前.jpg




フィモクラシックで作るフェイクストーンアクセサリー (Heart Warming Life Series)

フィモクラシックで作るフェイクストーンアクセサリー (Heart Warming Life Series)

  • 作者: 田尻 鏡香
  • 出版社/メーカー: 日本ヴォーグ社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: ムック



タグ:パン フィモ

「ぺんつく」プレゼントキャンペーン! [知財]

ぺんつくは発明品です。
なので、発明ラボックスマーケットで取り扱ってもらっています。
ここには「これは便利!」と思わせるものから「ご愛嬌?(^-^;」という感じのものまで、色々な発明品が掲載されています。

↓発明ラボックスマーケット
http://hatsumeilabox.shop-pro.jp/

そしてこの度、発明ラボックスさんの企画で「ぺんつく」のプレゼントキャンペーンが始まりました!
ツイッターでのキャンペーンになります。是非、ご参加ください!!
https://twitter.com/HatsumeiLabox/status/874487352730701824
DCUu3EqUwAAqLPg.jpg
(2017年6月27日までのキャンペーンです。)

タグ:発明
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤と黒とキャメルのぺんつく [ぺんつく]

作りました。
ぺんつくのマグネット部分は、ただのマグネットとしても使用できます。

BL_ぺんつく赤黒キャメル.jpg

ミンネにアップしました。
https://minne.com/items/9450095(黒シングル)

赤いマグネット [ぺんつく]

ぺんつくの赤いマグネットです。磁石はネオジムを使用しています。
この形に使用しているサイズの磁石の在庫が少なくなってきたので、違うサイズの磁石を使用したらどんな感じになるかためしてみました。
通常(左): φ15mm × 3mm
テスト(右): φ20mm × 2mm

BL_ぺんつく赤マグネットと金具.jpg

テスト(右)のほうが薄いため、見た目がスッキリします。
でも、通常(左)のほうが吸着力が強い!

商品説明に「磁束密度」と「吸着力」が数値で書いてあります。どちらも左のマグネットの数値のほうが高く、「φ15mm×3mmのほうが強いのか。」とわかります。でも、実際の感覚は自分でくっつけて実感しないとわかりません。最初の1個を買うときは賭けのような気分でした。

物理を勉強した人なら、「磁束密度」と「吸着力」の数値を見ただけで、必要な磁石が分かるのでしょうか?

そうでした、私も高校1年の時物理を勉強しました。入学して最初の物理のテストだったと思います。
返ってきた答案の点数は20点・・・。強烈な思い出です。
このとき物理をあきらめました。でもでも、平均点は18点でした。

そんな物理に縁遠い私でも、磁石の世界を面白いと感じさせてくれた1冊です。
「すごい!磁石」




すごい!  磁石

すごい! 磁石

  • 作者: 宝野 和博
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2015/06/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ロゴ [小話]

ぺんつくを売るショップ名は「あしいろクラフト」です。
GIMPの使い方をネットで調べつつ、簡単なロゴを作りました。
とりあえずの措置が恒久措置になりがちなのでどうかと思いましたが、うじうじしてると進まないので簡単に作ってみました。
「どうにかして芽を出して育ってやる!」という気持ちをこめています。

あしいろクラフトロゴ.png

包装袋があったらいいなと思い、このロゴでハンコも作ってみました。
BL_あしいろクラフトロゴハンコ.jpg

ハンコ作り、集中力と持続力が必要です。
たったこれだけで、2時間くらい費やしてしまいました・・・。

スタンプするとこんな感じです。
BL_あしいろクラフトロゴ2.jpg

緑、アクアグリーン、キャメルのぺんつくタイ(タブ) [ぺんつくタイ]

作りました。
BL_タブ緑アクアグリーンキャメル.jpg

ミンネにアップしました。
https://minne.com/items/9303050(アクアグリーン)

この布↓ [小話]

ぺんつくをたくさん作ったら、手作り品を販売するイベントに参加したいと考えています。
先日、そのマーケットに下見をしにいきました。みなさん、華やかにディスプレイしています。テーブルにはクロスをかけてました。
(あのクロスの後ろ側に、ポケットがあったら便利だなー)なんて考えながら眺めてました。

その後、ハンドメイドマーケットに出店するのに、何が必要なのかをネットで見ていると、「あの布」というものに出会いました。同人誌即売会のために用意したテーブルクロスなのだそうですが、これがすごい! 小物入れはもちろん、うちわとペットボトルを入れるスペースがあり、着脱できるお札入れまでついてます。クロスがずれないように面ファスナーで固定させられます。前に垂れた部分には紐がついていて、テーブルの脚に括れば風がふいてもめくれ上がりません。

(これ、作りたい!)
「あの布」のような複雑なものは、とても無理ですが、ポケットをつけるくらいならできるでしょう。

まず、テーブルのサイズを測り、布を買いに行きました。
テーブルの幅は120cm。布は110cm幅しかありませんでした。なので、布の横糸を縦にして使うことにしました。生地は厚めのオックス。上部・前に垂らす部分・後ろのポケット部分を用意します。足らなくなったら嫌なので、余裕をもって4mほど買いました。

生地を出店用のテーブルに広げてみると・・・、幅が120cmありました。110cm幅の布って120cmの幅があるのですね。今回私が買った布だけでしょうか???
幅が120cmあるので、生地は横にせずそのまま使うことにしました。テーブルがちょっとはみ出るけど、問題ないです。

1日かかりましたが、できました!
BL_この布前.jpg
アイロンしないといけませんね・・・。

後のポケットはシンプルです。
BL_この布後.jpg

A4ファイルが入るポケットも付けました。
BL_この布A4ポケット.jpg

クロスを固定する面ファスナーと紐です。
BL_この布裏バンド.jpg
BL_この布固定紐.jpg

それにしても、生地の縦と横の使い方を変更したので、2m弱の生地でできました。残った生地どうしよう・・・。
同じものを作って、ぺんつくを販売するときに「この布↓」で販売したら売れるかな? いや、そんな時間はありません。ぺんつくを一生懸命作ってます!


友人が図書館の本の情報をくれ、借りてきました。
「ハンドメイドイベント 出展ガイドブック」
さらっと読んだだけでも大変そう・・・。

ハンドメイドイベント出展ガイドブック (レディブティックシリーズno.4332)

ハンドメイドイベント出展ガイドブック (レディブティックシリーズno.4332)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ブティック社
  • 発売日: 2016/12/19
  • メディア: ムック



キャメルとグリーンのタブ [作製の様子]

キャメルが一番「革製」というのをアピールできるような気がします。うちで使っているキャメルの革で作ったぺんつくは、その色が徐々に深みをましているような気がします。

キャメルとグリーンのタブ、作りました。
BL_タブキャメルと緑.jpg

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。